'12/11/5 〜 11/17   封~WHO~ みてはいけない
天野行雄・荒井良・山下昇平 3人展

■封~WHO~ みてはいけない
■天野行雄・荒井良・山下昇平 3人展

■11月5日(月)~11月17日(土)

三名のイマジネーション豊かな作家により制作された「見てはいけない」作品がヴァニラ画廊に一堂に会し、三つの禁断の扉があなたの前に開かれます。

天野行雄 荒井良 山下昇平
天野行雄 荒井良 山下昇平

手掛ける空間は『異形図』。平面のドローイングは、描かれた物が、妖怪や化け物とされる為の絵画表現の模索。立体物は信仰や民間伝承における畏怖・畏敬の具現化を試みています。これらは日常的には非日常の異形であり、禁忌なのかもしれません。

2009年にヴァニラ画廊にて発表した「MELT DOWN」シリーズ

「MELTDOWN」という言葉を口にしてはいけないかのような風潮になってからは、制作のモチベーションが上がり、自らの負の部分を背負うこのシリーズをより深く、より濃く探っていきたいと語る荒井良の張子で造られた暗がりを覗いてみて下さい。

見ると石になってしまうというゴーゴンと、盲目の踊り子の架空の舞台が繰り広げられます。ストーリーテラーの山下昇平が創り上げる「見てはいけない」「見る事のできない」幻の舞台の残り香をお楽しみに。

プロフィール

妖怪造形家
1970年岡山県生まれ。
日本各地の妖怪を造形活動を通じて紹介するアートユニット・日本物怪観光を主催。
観光と物産をテーマに、様々な作品を制作、発表している。
角川書店の妖怪専門誌「怪」の選定する怪遺産の楯や、メディアファクトリーの怪談専門誌「幽」が選定する怪談文学賞の受賞トロフィーなども制作している。

張り子作家
1958年生まれ、東京都出身
武蔵野美術学園彫塑科卒

1976年生まれ。宮崎県出身。筑波大学大学院芸術研究科洋画専攻修了。
人形作家。イラストレーター。舞台美術家としても活動する。

■展覧会特別ワークショップ 「面作り who」
■11月10日(土)¥3,500(材料費含む・1D付)
定員10名 13:45ヴァニラ画廊集合
展覧会を楽しんで頂いた後、ちょっと妖しい別会場にて、水粘土と真空型取り機を使用して、オリジナルの面を制作致します。

講師《天野行雄・山下昇平》

13:45ヴァニラ画廊集合
14:00面作り講座開始
15:30終了予定

こちらは完全予約制のイベントとなります。また、イベントご参加のお申し込みは終了致しました。

■封~みてはいけない~特別トークイベント
11月10日(土)17時開場(入場料1,500円ワンドリンク付)
天野行雄×荒井良×山下昇平