'19/6/18 〜 7/11シリアルキラー展2019

新画廊 展示室 A&B / 入場料2,000円(展示室AB共通) ※会期中無休

シリアルキラー展2019

2019年6月18日(火)~7月11日(木) ※会期中無休

平日土日12:00~19:00(最終受付18:30まで)
最終日(7/11のみ)12:00~17:00(最終受付16:30)

入場料:2,000円
展示室AB(展覧会パンフレット付/再編集Ver.)

パンフレット協力:桐生正幸(東洋大学教授)/作品解説HN
前売り券の販売はございません/高校生未満のご入場はできません。

「殺人ピエロ」ことジョン・ウェイン・ゲイシー、「月夜の狂人」エド・ゲイン、「カルトキング」チャールズ・マンソン、凶悪な女殺人鬼たち…
本展示では、凶悪な人物像や数々の犯罪が、小説や映画のモデルにもなった、欧米のシリアルキラー(連続殺人犯)たちの作品、セルフポートレート、資料等、あらゆるアイテムを蒐集するHN氏のコレクションを展示いたします。
目を背けたくなるような凶行を行った殺人者たちの描く世界は、まるで見るものの心の淵を覗きこむような凄み、寂寥感、無常感、そして得体の知れないものと対峙した時のような緊張感に溢れています。個々のバックグラウンドにより焦点を当てた展示構成で、日本では殆ど目にすることのできない犯罪者たちの痕跡を展示する、貴重なコレクション展です。

展示予定

シリアルキラー展2019
殺人ホテル
ハーマン・ウェブスター・マジェット
女殺人鬼たち
ドロシア・プエンテ/アイリーン・ウォーノス/ローズマリー・ウエスト/キャロル・バンディ/ダナ・グレイ/マーサ・ベック
闇社会の住人たち
クレイ兄弟/ボニー&クライド/ヘンリー・ヒル/トーマス・ピテラ
世界中を恐怖に陥れた最凶のピエロ
ジョン・ウェイン・ゲイシー
大きなファミリーと小さなパパ
チャールズ・マンソン&ファミリー
最悪の殺人バディ
ヘンリー・リー・ルーカス/オーティス・トゥール
月夜の狂人
エドワード・ゲイン
トラックでやってくる殺人者
ピーター・サトクリフ
孤独な無神論者
ウェイン・ロー
自分は「サムの息子である。」
デヴィッド・バーコウィッツ
パリの吸血鬼
ニコ・クロー
人肉ハンバーガーショップ
ジョー・ロイ・メセニー
描き続けた一人の少女
ハドン・クラーク
残酷な悪魔
テッド・バンディ
妄想のお告げ
ハーバート・マリン
さすらいの絞首魔
ゲイリー・レイ・ボールズ
陰謀に葬られた暗殺者
ジェームズ・アール・レイ
奇妙な三角関係
ダニー・ローリング/ジェラルド・シェイファー
虐待と戦争が生んだ怪物
アーサー・ショークロス
マーダーマックに乗った殺人コンビ
ロイ・ノリス/ローレンス・ビテッカー
ナイトストーカー
リチャード・ラミレス
ハッピースマイルキラー
キース・ジャスパーソン

特別展示: 氷の殺し屋…リチャード・ククリンスキー

ハウス・ジャック・ビルト
ラース・フォン・トリアー監督作品
『ハウス・ジャック・ビルト』の半券提示
で、
シリアルキラー展2019 入場料
2,000円(税込)→1,600円(税込)

にてお楽しみいただけます。
(画廊受付で、半券をご提示ください。)