'20/9/9 〜 9/27薄花少女【私家版】第⑤巻 発売記念
三浦靖冬原画展

【ご入場のチケット制への変更について】

コロナウィルス感染症の感染拡大を防ぎ、お客さまの健康と安全を第一に考え、混雑を避けるため、完全チケット制へと変更させていただく事となりました。ヴァニラ画廊受付でのチケット販売はございません。必ず事前にチケットをご購入いただきご来場ください。

●薄花少女【私家版】第⑤巻 を店頭予約いただきましたお客様は、受付にて対応させていただきます。
原画展にご入場の際には、別途チケットが必要になりますのでご了承下さい。

8月15日(土)正午より、チケットを販売いたします。

ご入場チケットのご購入はこちら

【ご入場時のお願い】

  • コロナウィルス感染症の拡大を防ぐため、会場の混雑状況により入場規制をさせていただく場合がございます。
  • ご入場時にはマスクの着用をお願いいたします。
  • 画廊受付にアルコール消毒液を設置いたしますので、ご入場時には手指の消毒をお願いいたします。
  • 入場時に、体温測定(検温)のご協力をお願いいたします。
  • 非接触タイプの体温計を用い、お客様の体温を確認させていただきます。検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りさせていただきますが、基本的にご自宅で検温いただき、37.5℃以上の発熱がある場合はご来場いただく事を避け、ご自宅にてご療養ください。
  • 感染拡大予防の為、入場前に画廊やビルの前でお待ちいただく事はできません。時間より前に到着された場合は、時間になりましたらご来場いただきますようお願いいたします。
  • ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。
  • 会期中の物販のみのご利用はお断りいたします。
新画廊 展示室 A&B / 入場料500円(展示室AB共通)

薄花少女【私家版】第⑤巻 発売記念

三浦靖冬原画展

Yasuto Miura Solo Exhibition

2020年9月9日(水)~9月27日(日)

平日12:00~19:00/土・日・祝・最終日:12:00~17:00 展示室AB/入場料500円

薄花少女【私家版】第⑤巻の出版を記念して、漫画家三浦靖冬原画展を開催いたします。

三浦靖冬は、これまで水彩による温かみのある色合いやペンによる精妙な筆致で、愛らしくも儚い少女たちを描き、胸に迫る激しいペーソス、ノスタルジックな哀しみを孕んだ重厚なストーリーを展開し、唯一無二の独自の世界を描いてきました。

そして『薄花少女』ではさらに新たな世界観を構築、八〇歳にして少女の姿になった“ハッカばあや”と家政婦としてお世話をしていた“ぼっちゃま”ふみの感情豊かで穏やかな暮らしは、現在でも多くの人々の心を魅了しています。

本展は『薄花少女』を中心に、過去作品を含めて、これまで描かれてきたカラー原稿・モノクロ原稿200点以上を一挙に展示いたします。
また、原画の中からセレクトした作品のプリント販売も行います。繊細で柔らかな原画をお楽しみいただける貴重な機会です。


【三浦靖冬プロフィール】

昭和49年大阪府豊中市生まれ。中学校の美術教員を経て、平成12年『とおくしづかなうみのいろ』(ワニマガジン社)で漫画家として商業誌デビュー。その後、『とわにみるゆめ。』(ワニマガジン社)『えんじがかり』(秋田書店)『薄花少女』(小学館)等、少女と背景を細やかに描きこんだ作品を発表し続け現在に至る。

©三浦靖冬

三浦靖冬 薄花少女【私家版】第⑤巻 予約販売

予約期間:2020年5月15日(金)~7月12日(日)

(ご好評の為、予約期間を延長しました)

発売日:2020年9月9日(水)~随時発送&店頭販売

こちらの商品はご予約をいただきました冊数を受注生産、販売という形になります。
(ご予約をいただいた冊数をヴァニラ画廊店頭およびショッピングサイトでのみ販売、全国書店流通はいたしません)

昨年、諸般の事情により電子版のみの出版となった三浦靖冬『薄花少女』第⑤巻を【私家版】単行本として自費出版いたします。
新たに描き下ろし1話を収録し、特製のしおりが付いた 予約制の受注生産の私家版単行本となります。
『薄花少女』愛読者の方、第④巻までをお持ちの方、この機会にどうぞご予約ください。

(仕様)

  • 用紙など既刊第①〜④巻と同仕様。
  • 電子版第⑤巻の内容に加え、新たに描き下し一話を収録。
  • 特製しおり付き。
    (※しおりのデザインは予告なしに変更される場合があります。あらかじめご了承ください)

詳細&ご予約、お受け渡し方法に付きましてはこちらをご覧下さい。

「薄花少女」書影 メッセージ