'10/11/29 ~ 12/4 小山哲生 追悼展「天国の青い蝶」

9月1日に急逝した小山哲生氏の追悼展示を
行ないます。

天国の青い蝶
太陽のバラの島    水と 幻覚
日輪の上のイコン    原色のブルース
この世で最も美しい姿であり 恐ろしくして
もう 見れないのかも
縮樹の美であり 耽醜の美である
つまり 美しいことの 
神秘

小山哲生 Tetsuo Koyama / プロフィール

長野県に生まれる

60年代アートのなかにビタミンを発見、自分の表現行為を「ビタミン・アート」と名付ける。儀式、ハプニングを通して、テレビ、雑誌にビタミン・アートを紹介する。新宿、銀座の街頭でデーティング・ショー「太陽曼荼羅」シリーズで個展。銀座東芝ホールで牛と蛇と人の共演でビタミン・アートリサイタルを開く。

70年代インド放浪。「花とビートルズとお釈迦様」のテーマで個展。人形の制作を始める。「人・人・人形」のテーマで個展。

80年代インド放浪。風景画を描き始める。ブロードウェイ新人賞でグランプリを取る。個展「神話深層の飛行」にて銀座 ギャラリーラランヌの壁面を白い夢でいっぱいにする。

90年代銀座 三真堂ギャラリーで立体拡大のオブジェを発表。公募展にて東京都知事賞、内閣総理大臣賞受賞。

2005年 渋谷マリアの心臓「この世でいちばん真っ赤なりんご」のタイトルで個展。

2006年 人人展(東京都美術館)小さな人人展(羽黒洞木村東介)地獄太夫展(マリアの心臓/人形屋佐吉)幽霊展(マリアの心臓/人形屋佐吉)

2007年 少女恋の美学(マリアの心臓/人形屋佐吉)人人展(東京都美術館)受胎告知展(マリアの心臓/人形屋佐吉)

2008年 囚われし少女の嘆き・展(マリアの心臓/人形屋佐吉)銀座 ヴァニラ画廊「耽醜の美」のタイトルで個展。IFAA(国際幻想芸術協会)「幻想芸術展」京都(同時代ギャラリー)東京(世田谷美術館区民ギャラリー)幻獣展(ロイヤルサロンギンザ)白昼の大見世物展“サディスティックサーカス・見世物アートの現在”(ヴァニラ画廊)

2009年IFAA(国際幻想芸術協会)「幻想芸術展」東京(ギャラリー やさしい予感)幻獣展(ロイヤルサロンギンザ)IFAAミニチュアール展(ギャラリーベルンアート 大阪)ヴァニラコレクション(ヴァニラ画廊)この指とまれvol.2 ~地球と子ども達の愛ある未来に~(NHKみんなの広場ふれあいホールギャラリー)

2010年 人人展(東京都美術館)小さな人人展(羽黒洞木村東介)ベラドンナ展(神楽坂DIE PRATZE)IFAA(国際幻想芸術協会)「幻想芸術展」東京(ギャラリー やさしい予感)

(2010年) 9月1日 進行性胃癌により、さいたま市内の病院にて逝去 享年 67歳

アーティストページはこちら
小山哲生 追悼展「天国の青い蝶」