'19/1/22 〜 2/3池谷友秀写真展「MOON」

新画廊 展示室 A / 入場料500円
池谷友秀写真展「MOON」

池谷友秀写真展「MOON」 2019年1月22日(火)〜2月3日(日) 展示室A 入場料500円

月の重力は潮の満ち引きを作り出し
生命の進化を促した。
太陽が生命の誕生ならば、月は生命のリズム、
月がなければ、生命の進化はなかった。

月が輝く闇夜に混在する生と死。
新たな生命を宿す可能性を持つ肉体を、
その命が尽きた後も残る髪が包み込む。
痛覚を持たぬ髪が伝えるDNA。

夜には夜の役目がある。
月明かりがひっそりと海面を照らす夜、
それは生物が必要とする時間であり、
人間の都合によって侵してはならないのではないか。

月明かりの下に浮かび上がる、
生への欲求、そして、そのすぐ隣り合わせにある死。
混沌とした闇の中に張り詰める緊張は、
あらゆる生命にとって不可欠ではないだろうか。

The moon's gravity caused the flux and reflux of the tides,
and stimulated development of life on earth. If the sun represented the birth of life, the moon would represent the rhythm of life.
The evolution would not be the same without the moon.

The dark night has a mix of life and death, while being in the illumination of the moon.
The body, which possesses potential of receiving a new life, has been folded by the hair, which does not have the end of life.
DNA, that is passed on by the hair which can not feel pain.

Night has its own role.
The night when the moon’s reflection lambently floats on the sea surface, the time required by living nature,
must not be violated for human’s self-serving reasons.

In the moonlit sea, the things emerge.
The desire for life, and death nearby life with bated breath.
Would it be possible to think that the strain with the tension in chaotic darkness is necessity for all kinds of life.

写真家の池谷友秀は、水中という不可侵領域と溶け合う人間のすがたを捉えた世界を写し出します。その表現の可能性を広げる幻想的で荘厳な作品は、国内外で高く評価を受けています。
今回の展示のメインテーマ「MOON」シリーズは、2009年ころから取り掛かっているアートワークの一つです。刻々と変化していく時間と流れとともに、生命が漂う様子を神秘的に表した新作を含めた作品を展示いたします。
また、展示構成に「WAVE」「BRETH」シリーズなども一部加え、池谷友秀が10年以上に亘り、太極を宿す美の有り様をひたむきに追求した軌跡を、俯瞰してご覧いただけます。

Japanese photographer Tomohide Ikeya captures the world in which humans blend with the territory of impenetrable underwater. His magnificent dreamy works, which extend the freedom of expression, are highly acclaimed both domestically and internationally.
The main theme of this exhibition “MOON” is based on an artwork he has been working on since 2009. The exhibition features works, including new ones, that mysteriously express lives floating with an ever-changing flow of time.
Pieces from “WAVE” and “BREATH” series, etc. are also displayed to provide an overview of the scenes of beauty that Tomohide Ikeya eagerly pursued for over 10 years.

池谷友秀プロフィール

1974    神奈川に生まれる
1992〜1999 レストランで働く
2000〜2001 東京綜合写真専門学校に学ぶ

Profile of Tomohide Ikeya

1974 Born in Kanagawa Prefecture
1992-1999 Worked at a restaurant
2000-2001 Learned photography at Tokyo College of Photography

個展

2008 “BREATH” epSITE(東京)
2010 “BREATH” LOWER AKIHABARA.(東京)
2010 “BREATH” Micheko Galerie (ミュンヘン/ドイツ)
2010 “BREATH” CAMARADA (東京)
2012 “CYCLE” Gallery.Hutch(東京)
2012 “BREATH&MOON” Micheko Galerie (ミュンヘン/ドイツ)
2013 "BREATH" 西武渋谷店 オルタナティブスペース(東京)
2013 “MOON” LOWER AKIHABARA.(東京)
2013 “BREATH” Tokyo Arts Gallery(東京)
2015 “BREATH” Soil Gallery (パッサウ/ドイツ)
2015 “BREATH-MOON”ヴァニラ画廊(東京)
2016 “BREATH” 富山市ガラス美術館(富山)
2016 “WAVE” at LOWER AKIHABARA.(東京)
2016 “WAVE” at ギャラリー小暮.(NY)
2017 "WAVE" at Micheko Galerie (ミュンヘン)
2018 “BREATH 2” at Micheko Galerie (ミュンヘン)

受賞歴

2007 International Photography Awards 1st place in Advertising(self promotion)
2009 International Photography Awards 1st place in People (other)
2009 International Photography Awards 2nd place in Special(moving images)
2010 Xto image award 1st place in Body in Nature
2010 PX3 PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS 2nd place in Fine Art(nude)
2012 International Photography Awards 2nd place in People (other)

◆池谷友秀 展覧会記念特別アーティストトーク◆

池谷友秀展「MOON」開催を記念したトークイベントを開催します。
池谷友秀氏のトークのお相手には、池谷作品のモデルも務めた歌手の村田千沙さん、長年に亘り作品モデルのメイクを担当するアートディレクターでありメイクアップアーティストのクワハラヒロト氏をお招きし、クリエーターの視点から、池谷友秀の作品の魅力を読み解きます。また、村田千沙さんのスペシャルミニライブも開催します。
チケットは必ず事前にlive pocketにてご購入ください。

日時 2018年1月26日(土) 18:30~20:30
会場 ヴァニラ画廊 東京都中央区銀座8-10-7 東成ビルB2F TEL 03-5568-1233
料金 3,000円 1ドリンク付
定員 40名限定

開場 18:15
トークショーのご参加の列へは18:00よりお並びいただけます。
(トーク会場にて展覧会を開催中のため、18時より前に列にお並びいただくことはできません。)

開演 18:30
イベント終了後は開催中の展示の一部をご覧頂けます。
(トークイベント中は作品の配置が一部変更がありますので、ご了承下さい。)