'20/7/22 〜 7/29沙さ綺ゆがみx寝ル 2人展「アウトラインキラー」

新画廊 展示室 B / 入場料無料(展示室AB共通)※会期中無休

アウトラインキラー

沙さ綺ゆがみ×寝ル 2人展

2020年7月22日~7月29日
B室・入場料無料

背景と対象、皮膚と内臓、そして人間と別のもの…。
全ての境界が消失した世界を2人の新進気鋭のアーティストが解き放つ。
スペースと作品は一体化しさらに見る側の網膜とも融合する。
恐怖、怨念、悲喜劇が入り混じった闇の見世物小屋に飛翔する作品群をどうぞご高覧ください。

アウトラインキラー 沙さ綺ゆがみx寝ル 2人展

作家プロフィール

作家プロフィール画像

沙さ綺ゆがみ(ささきゆがみ)

映像作品の特殊メイクやドキュメンタリー番組のディレクターといった映像業界での活動を経て、2015年よりオリジナルのホラー漫画をSNSなどで発表し始める。 また、画家としても京都のギャラリーソラトを中心に各地のグループ展にアクリル画での作品を発表。

主な掲載誌:
「恐ろし屋/黒ノ書」(リイド社)-アンソロジー
「本当にあった心霊体験」(少年画報社) -アンソロジー
「別冊映画秘宝-怖い、映画」(洋泉社)-ライターとして

寝ル(ねる)

2015年から独学で絵を描き始める。
絵を描くことで感情を体現したい根暗の子。

2016年2月ギャラリーパライソ「奇形大博覧会」初出展
2017年11月gallery螺旋「トラウマ少女展」出展
2018年8月gallery螺旋「幽霊展2」出展
2018年9月東京都美術館「純展」出展
2018年12月excube「GORE DECK」出展
2019年1月gallery螺旋「くるいまつり」立島 夕子・魚子・寝ル三人展 出展
2019年7月BAR DOQUDOQU「個展・hurt」出展
他多数出展