'20/7/21 〜 7/29Paradise Lost ~楽園の喪失~

【ご入場のチケット制への変更について】

コロナウィルス感染症の感染拡大を防ぎ、お客さまの健康と安全を第一に考え、混雑を避けるため、完全チケット制へと変更させていただく事となりました。
ヴァニラ画廊受付でのチケット販売はございません。必ず事前にチケットをご購入いただきご来場ください。

ご入場チケットのご購入はこちら

【ご入場時のお願い】

  • コロナウィルス感染症の拡大を防ぐため、会場の混雑状況により入場規制をさせていただく場合がございます。
  • ご入場時にはマスクの着用をお願いいたします。
  • 画廊受付にアルコール消毒液を設置いたしますので、ご入場時には手指の消毒をお願いいたします。
  • 入場時に、体温測定(検温)のご協力をお願いいたします。
  • 非接触タイプの体温計を用い、お客様の体温を確認させていただきます。検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りさせていただきますが、基本的にご自宅で検温いただき、37.5℃以上の発熱がある場合はご来場いただく事を避け、ご自宅にてご療養ください。
  • 感染拡大予防の為、入場前に画廊やビルの前でお待ちいただく事はできません。時間より前に到着された場合は、時間になりましたらご来場いただきますようお願いいたします。

ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

新画廊 展示室 A / 入場料500円 チケット制(展示室AB共通)※会期中無休
Paradise Lost ~楽園の喪失~・メインビジュアル

Paradise Lost~楽園の喪失~

ヴァニラ画廊 展示室A / 入場料:500円(チケット制)

2020年7月21日(火)~7月29日(水)

月曜日~金曜 12:00~19:00 土日祝12:00~17:00
※最終日29日(水)は17時までの営業

出展作家

愛実、池谷友秀、Gorgeoushell Dalida、櫻井結祈子、スズキエイミ、髙木智広、たま、所伸一、林美登利、冷墨清志

本展では「Paradise Lost~楽園の喪失~」をテーマとし、
これまで様々な作品が生み出されてきた最も有名な叙事詩、
ジョン・ミルトンによる『失楽園』の新たな扉を開きます。
油彩画、水彩画、立体作品、写真作品など国内外10名の作家による
ドラスティックな作品が集結いたします。
現代の表現規制の中で知らず知らずのうちに奪われつつある人々の自由意志を呼び覚ます、
禁断の果実のような魅惑の作品群にご期待ください。

櫻井結祈子作品画像 愛実作品画像

楽園を失い、アートは生まれた。

旧約聖書によると、神がエデンの園にアダムとイブや様々な生き物を創造した。その楽園はとても美しく、十分な食べ物もあり、神の支配の元、アダム達は苦悩や幸福、美しいという観念さえ持たなかった。

神に寵愛された人間を妬んだサタンがアダムとイブを誘惑し、知恵の樹に成る禁断の果実を食べさせた。自由意思と自我に目覚めた彼らは楽園を失った。

どんなに美しい楽園もそれを美しいと感じる感情がなければ、地獄のような光景もそれを惨いと思う感情がなければ、それらの世界は無に等しい。

現代では社会的モラルや倫理の支配の元に表現も規制され、心の自由も知らず奪われている。そんな人々の自由意思を呼び覚ます禁断の果実にも似た、感情を生み出す装置,それがアートではないだろうか。

この「Paradise Lost」という展覧会が多くの人々の心に自由さと様々な感情を提供することが出来れば幸いである。

(髙木智広)